白血病などの辛い病気は治療で完膚なきまでに対策

医者

助成制度がある

費用負担を心配する方へ

医者

東京のみならず、重い腎臓病等が原因で人工透析を受けられている方が多くなりました。患者やご家族の中には治療にかかる費用面を心配されている方も見受けられます。東京都内を例にとると、1カ月にかかる人工透析の費用は40万〜50万程度。透析シャントトラブルやその他の体調不良に見舞われると、もう少し費用が増える可能性があります。ただし、特定疾病として認められているので、特定疾病療養受療証によって、治療費の公費負担を受けることができます。東京都では、透析患者に対し、自己負担分の助成も行っています。手続きが煩雑ですが、このほかの公共サービスも受けられるようになりますので、都内にお住まいの方は、出来るだけ早く助成が受けられるよう手続きを受けましょう。

人工透析実施病院が人気の理由

人工透析を行う病院は各エリアに点在していますが、人気がある病院等に患者が集中することがあります。長時間拘束されてしまうため、居住性が高い透析ベッドを導入している病院や、提供される食事のクオリティの高さ等が注目されています。またベッド数を多く確保し、患者を少しでも多く受け入れできる、予約が取りやすいことも患者は考慮の一つとしています。また、緊急人工透析の受け入れができるところや、東京都内でもアクセスしやすい場所に立地しているかといったことも人気を大きく左右します。提携している医療機関があり、バスキュラーアクセス全般の治療を即座に受けられる体制を整えている事も多くの患者から信頼を勝ち得る理由となることでしょう。