白血病などの辛い病気は治療で完膚なきまでに対策

医者

血液に起こるがん

平均的な治療費と入院日数

医者

白血病と診断された場合には、治療にいくら掛かるのか気になるという人も多いようです。白血病の治療では入院が必要となる場合もあります。平均の入院日数は約60日、1日あたりの治療費としては60000円程度ということが多いようです。しかし、治療には健康保険が適用されますので、自己負担額は1万2000円程度です。 白血病の治療費に関しては、白血病のタイプや患者の年齢、状態、先進医療の利用状況などにより異なります。分からないことなどがあれば治療前にしっかりと確認するようにしましょう。治療費が高額になったという場合でも、高額療養費制度を利用することが出来るという場合には、その費用を抑えることが出来る場合もあります。

不治の病ではありません

血液のがんである白血病は急性・慢性に分けることが出来、それぞれ骨髄性白血病とリンパ性白血病に分けることが出来ます。 以前は生存率数%とう難病で、不治の病とも言われていました。しかし最近は治療技術や医療技術の進歩により、生存率は非常に高くなっており、適切な治療を受けることにより、病気になる前の生活をおくることが出来るようになっています。 なお、白血病の原因自体は詳しくは分かってはいません。しかし、白血病の危険因子はある程度分かってきているようで、遺伝や放射線の影響が挙げられています。 予防法としては、他のがんと同様、規則正しい生活習慣を身に付け、ストレスを溜めない、バランスの取れた食生活を心掛けるということが挙げられます。